【1月22日】 太陽光発電投資ファンド1号 広島県発電状況

投稿日: カテゴリー: 1号ファンド, 発電状況

皆様こんにちは

1月22日の太陽光発電投資、広島県ファンド1号システム発電状況をお知らせ致します。
今週の広島県の太陽光発電投資ファンド1号は大寒波の影響で発電量が低下しています。

本日の発電量は5.8kWhとほとんど発電できない状況となっています。
今週1番多い発電量でも9.9kWhの発電量でした。
1月に入って本日まで3,640.1kWhの発電量となっています。今月の予想発電量が6,648.7kWhですので、現在54.74%の数値です。
平均で1日約214kWhが必要となります。今週は未達成の状況となっています。

2号、3号、4号、6号、7号、8号の発電量もアップしていますのでご覧くださいませ。

※大寒波による発電状況への影響報告です。
先週月曜の段階で、パネル上に30cm及び地面に50cmほどの積雪があり、まずは地面の除雪をしないとパネル上の雪は下せないという状態です。
天気予報ではその後雪がさらに降る可能性もあり、除雪しても無駄になることも考えられたため、しばらく様子を見るという判断をしております。
昨日、本日もまた雪が降ったようで、発電はできていない状況です。現時点でも吹雪いているという状況になります。

170122hatsukaichi 170122aki01 170122aki02