ケーブルテレビ若狭小浜チャンネル0で放送 2017年7月31日(月)

投稿日: カテゴリー: ニュース

ケーブルテレビ若狭小浜チャンネル0 2017年7月31日(月)

小浜市・(株)エコスタイル“太陽光発電所”今年秋の運転目指す

7月29日(土)に執り行われました、福井県小浜市の廃棄物最終処分場跡地にエコスタイルが建設した太陽光発電所のオープニングセレモニーの様子を地元のケーブルテレビで取り上げて頂きました。

■番組概要(3分間)

・小浜市仏谷区の一般廃棄物最終処分場跡地に整備が進められていた太陽光発電所が完成し、地元住民や関係者にお披露目されました

・オープニングセレモニーに先立ち、小浜市役所内で、小浜市松崎市長とエコスタイル木下社長によって、太陽光発電所を拠点とした「災害時および環境教室に関する協定」の調印式が執り行われました。
 協定書の内容は、「災害停電時に活用できるポータブル蓄電池を無償で貸し出すことと市側からの要請により管理棟内での再生可能エネルギーに関する環境教室の開催」が盛り込まれています。

・仏谷太陽光発電所は、エコスタイルが約1億円をかけ整備し、約11,000㎡の敷地に約2,000枚の太陽光パネルが設置されており、年間の発電量は68万kWhを見込んでいます。

・改修された管理棟は、非常用コンセント盤が設置され、またポータブル蓄電池を常設することで災害停電時には給電ステーションとして機能します。また、環境教育パネルも常設され環境教室の拠点となります。

・仏谷区民及び関係者約70名が参加したオープニングセレモニーでは、木下社長の挨拶に続けて松崎市長が「子供たちの未来のために小浜市の明るい未来の礎(いしづえ)を築いていきたい」と挨拶されました。

・テープカットに合わせて、地元子供たちが大空に風船を飛ばし発電所の完成を祝いました。
 発電所は、今秋(2017年11月)に運転開始を予定しており、20年間にわたりエコスタイルが運用・管理します。

ケーブルテレビ若狭小浜チャンネル0