エコの輪ファンドとは

20年間電力固定価格買取り。安定した投資先である「太陽光発電事業」

再生可能エネルギーの普及を目的として政府は2012年から固定価格買取制度を開始しました。この制度では太陽光発電によって生み出された電気は電力会社が固定価格で20年間買い取ることを政府が保証しています。したがって、発電した電気は長期に渡って有利な価格で買い取られることにより、太陽光発電事業は安定した投資先と考えられており、新規に太陽光発電で投資を行う事業者が続出しています。

太陽光発電システム

太陽光発電事業への投資を少額で始められる事業型ファンド

太陽光発電で投資を行うにははじめに土地や多額の資金が必要であることから、なかなか手が届かないものであると思われていました。しかし、「ファンド」と呼ばれる仕組みを用いて、多額の資金が必要な事業への投資が少額の資金で可能となります。「ファンド」は、合同会社等を受け皿として出資者から資金を集め、それをまとめて特定の事業へ投資します。こうすることによって、一口の金額は少なくても大きな事業を行うことができるようになります。事業によって得られた損益は出資口数に応じて分配されます。
10号ファンドより「優先出資型」を採用。優先出資型ファンドとは、ひとつのファンドを優先出資部分と劣後出資部分に分け、損益の分配や金銭の返還に順位を設けたファンドです。お客様には優先出資者として投資していただくことで、劣後出資者に優先して利益の分配を受けることができます。投資資金の回収を早めることでリスクの低減を目指しました。
さらにお客様の声にお応えし、12号ファンドからは期間をわずか1年に。優先出資型はそのままに期間を短縮し、更なるリスク低減を目指した太陽光発電ファンドです。
※ 下図は20号ファンドの仕組み図です。各ファンドの仕組みは各ファンドの詳細ページをご確認ください。
ファンドの仕組図
  • ボタン 最新ファンドの詳細を見る
  • ボタン ファンド一覧を見る

土地やパネルの選定等のわずらわしさが一切なし

土地探し・メーカー選び・メンテナンス不要
通常太陽光発電投資事業を行う場合には、太陽光発電に適した土地の選定や、設備に使用するパネルの選定を行わなくてはなりません。運良く日当たりの良い土地を探しだしたとしても、自分の住んでいるところから離れていたりとなかなか条件に合う土地は見つからないものです。また、現在数多くのメーカーが太陽光パネルを製造しており、果たしてどれが望ましいのか頭を抱えることも多いと思われます。太陽光発電設置後も、発電量の確保のため長期に渡りメンテナンスを行い続けなければなりません。
このようなことに時間を費やしていると大切な投資機会を失ってしまうことになります。太陽光発電投資ファンドはこのような土地やパネルの選定、設置後のメンテナンスまでもをプロの運営者に任せますので、効率よく太陽光発電投資事業をスタートさせることができます。

エコの輪太陽光発電ファンドは地球環境に貢献

お客様からの出資金により設置致しました太陽光発電所は毎日順調に発電しており、環境負荷軽減の一助となっております。
エコの輪ファンドの環境貢献度
※1 電力会社が発電の際に排出する二酸化炭素量に対して、太陽光発電はほとんど二酸化炭素を出しません。つまり、現在主要な発電電源を太陽光発電に切り替えることで、1kWhあたり541.5gもの二酸化炭素を削減できる計算になります。(参考元:平成29年度 太陽光発電協会 表示ガイドライン)
※2 一般家庭の1世帯年間消費電力量を約3600kWhと想定。すると、約1140世帯分の1年間の電力をまかなえる計算になります。
※ 2018年3月現在の数値です。
ボタン さらに詳しく見る

ご利用の流れ

ご利用の流れ図
ボタン ご利用の流れ詳細を見る

会員登録~資料閲覧はカンタン3ステップ!

会員登録の流れ3ステップ
ボタン 会員登録はこちら

  • ファンドセミナーを常時開催!
  • ファンドの運用実績を公開中
  • 太陽光発電投資を比較
  • バナー 資産運用セミナー
  • バナー ファンドの運用実績
  • バナー 太陽光投資比較