太陽光発電投資ファンドの流れ

投資ファンドによる太陽光発電事業ワークフロー

土地の選定
様々なチャネルで情報を収集し、太陽光発電に適した土地を選定します。
↓

リスク評価
選定した土地のリスク評価(日照量、地震、積雪、塩害、管轄電力会社等)を行います。
↓

事業計画の策定
発電量のシミュレーションを元に収支計画等事業計画の策定を行います。これにより目標利回りは決定されます。
↓

ファンド組成
出資者から資金を集めファンドを組成します。
↓

電源の開発
太陽光発電システム設備の設置工事を行います。
↓

発電
電力会社と連系し、発電(売電)を開始します。
↓

分配・償還
売電に得た収益により費用を控除し利益を算出します。生じた利益は出資者に分配されます。また余剰現金の一部は出資の払い戻しとして出資者に返還されます。