優先出資型ファンド [ 買取りオプション付き ] (11号ファンド)

太陽光発電のリスクに打ち勝つ 優先出資型ファンド誕生

:: 優先出資型ファンドとは? ::

優先出資型ファンドとは、ひとつのファンドを優先出資部分と劣後出資部分に分け、損益の分配や金銭の返還に順位を設けたファンドです。お客様には優先出資者として投資していただくことで、劣後出資者に優先して利益の分配を受けることができます。投資資金の回収を早めることでリスクの低減を目指した太陽光発電ファンドです。

優先出資型ファンド図解

:: 買取りオプションとは? ::

買取りオプションとは私募取扱者(株式会社エコスタイル)が5年経過後(6年目の期初)に予め決められた価格でファンドの持分を買取る選択権のことをいいます。この買取りオプションは権利行使時に想定される出資者の分配率(買取りによる譲渡代金を含む)が100%を超える場合は行使され、100%以下の場合は行使されません。買取りオプションが行使されなかった場合、目標分配率(135%)に達するまで運用が継続します(最長20年)。
※ 優先出資者への利益分配が完了し、劣後出資者への利益分配が生じる場合は、劣後出資者への利益分配が優先出資者への元本返還に優先します。

買取りオプション行使図解

買取りオプションが行使されますと、お客様は保有する本匿名組合持分の全部を買取りオプション保有者に譲渡することになります(お客様が希望する場合であっても保有の継続はできません)。

:: 優先出資の分配イメージ ::

分配グラフ

予測通りに発電すれば『買取りオプション』が行使され、5年で完了する計画です。
※ 上記はあくまで計画であり、実際の分配額は変動します。

分配グラフ

優先出資は劣後出資に優先して利益分配されるため資金回収が早まる利点があります。償還原資を発電所の売却に依存しないため、最終年度に分配が偏らないのが特徴です。
※ 上記はあくまで計画であり、実際の分配額・分配完了年数は変動します。
:: 償還型ファンドと優先出資型ファンドの特徴比較 ::

償還型ファンドと優先出資型ファンドの特徴比較

※ IRR(内部収益率)とは、利益分配と元本償還を併せたキャッシュフロー全体から算出される収益性指標です。資金回収の時間性が考慮されていますので、利益分配額が同じ場合であっても、利益の分配及び元本の回収が早まることによって、その数値は高まります。
※ 太陽光発電ファンドにはリスクがあります。各ファンドのリスクについては本サイトの商品詳細ページ又はお渡しする契約締結前交付書面に記載されていますので、お申込みの際は必ずご確認ください。
※ 太陽光発電ファンドは、契約に際して費用・手数料等をご負担いただきます。ご負担いただく費用・手数料等に関しては本サイトの詳細ページ又はお渡しする契約締結前交付書面に記載されておりますので、お申込みの際は必ずご確認ください。